例えば「ポイント集め」ということでクレジットカードを作る目的ということが、仮定します。
必ずその時に考えなくてはいけないのが「効率」です。
年会費や入会金などといった金銭的な負担が実際にクレジットカードを複数枚所持をしていますと、増加してきてしまいます。

 

貯まっていくポイントに関しましてもまた分散されてしまうことになるのです。

 

年会費割引やポイント付与率アップなどといった特典を今では年聞の利用額が少なくなることで、受けることが出来ないデメリットが起こってしまうことも考えられます。

 

「最終的に欲しいサービス」、「持ちたいクレジットカード」、「貯めたいポイント」などといったカードホルダーがこのことから明確な目的を持つことが大切なのです。
ベスト力ードを自分にとって選ばないと損をしてしまうのです。


このページの先頭へ戻る